虫歯の治療で痛かったこと

横浜市のフェイシャルエステに通っていた私は、奥歯が虫歯になっているのですが、それの治療の際に痛い思いをしたことがあります。虫歯そのものは、それほど深い虫歯ではなかったので、虫歯そのものは痛くなかったのですが、虫歯の治療の際に痛い思いをしました。

その虫歯ですが、新大阪の歯科医院での治療だったのですが、削っていくときに、少し痛みがあるかもしれないということをいわれました。

私は深い虫歯ではないので、それほど痛くはないだろうと思っていたのですが、削るときに、キーンと神経に響く痛みが何度もあり、痛いといいました。

歯科医師は、その痛いという声を聞いて、麻酔の注射をしたのですが、その麻酔の注射が非常に痛くて、削るときの痛みよりもかなり痛かったです。深い虫歯ではなかったのにも関わらず、これほど治療の最中で痛みを感じるのは初めてでした。

後から考えてみると、この歯科医師の腕があまり良くなかったのではないかなと思っています。とても麻酔の注射が痛かったのが驚きでした。

初めて行く歯医者での出来事

いつも横浜市のバストアップエステに通っていて、歯医者が定休日でその日空いている歯医者を探して行った時の事です。

痛くなる前の日にいつも行く歯医者で治療をしていました。
その時に痛み止めをいただいていましたが、痛み止めを飲んでも痛みが引かなかったので空いている歯医者を探すことにしました。

一日我慢すればよかったのですがあまりの激痛に我慢ができませんでした。
そこでいつもと違う歯医者にいきました。

痛い歯は治療中だったのでその歯医者は応急処置という事で治療してくれました。
しかしその晩歯茎がパンパンに腫れ治療前以上に痛みとても辛い思いをしました。

そして次の日に行きつけの審美歯科に行ってみると、昨日治療した場所に詰めた薬が歯茎を圧迫していたようで歯茎に膿が溜まっていました。
この時いつもと違う歯医者には行かないようにしようと思いました。

治療中の歯は最初に治療してもらった歯医者で最後まで見てもらうようにした方が良いと思います。
自分にあった歯医者を探すことが大切だと思いました。

歯周病での歯磨きのやり方

数年前から歯周病の治療で歯科医へ通院治療を行っています。この治療を始めた当初に、横浜市のエステサロンに行っている歯科衛生士の方から「歯磨きはだいだい出来ているのだが、上下左右の各々の奥歯二本が上手く磨けていないようです。磨き方を指導するので、良く覚えて下さいね。」と言われ、指導してもらった方法で意識して、歯磨きを行うようになりました。ところが、通院の度に、「まだ、上手く磨けていないようです。もう一回、磨き方をよく覚えていって下さいね。」と言われる始末でした。奥歯の二本を磨こうとすると、どうしても嚥下が起こってしまい、非常に短時間しか歯ブラシを当てることが出来ず、結果的に歯茎と歯の間にうまく歯ブラシが当たっていないようです。そこで、磨く箇所を目視出来る様に、口を開けたまま、奥歯二本に歯ブラシを当てる様に磨いてみました。磨いている最中は唾液が垂れてしまうので、あまり、人に見せる事は出来ません。今までに比べると歯ブラシが当たっている感じが出てきたので、良くなったのかなぁと思っていました。先日の通院時に歯科衛生士の方から「上手く磨けるようになっていますね。」と言われ、苦節1年、ようやくOKが貰え、大変喜ばしかったです。

初めての歯科治療体験記

自分はその時までは歯の病気をしたことはありませんでした
ですがある時何だか顎が痛いなと違和感を感じたのですが噛み合わせが悪いだけだろうとその時は放置していました

横浜市のエステに行ったりして結局1週間経っても違和感があり病院で診察を受けることにしました窓口で何処の科を受診すれば良いかを聞きとりあえず整形外科を勧められました

一通り診察を受けましたが異常は無さそうと言われもしかしたらと耳鼻科(後に調べた所大抵その流れが普通みたいです)も診察することを勧められました何度か診察を繰り返しても改善も異常も見つからずの日々でした

そしてついに耳鼻科の先生にもしかすると歯の病気の可能性があるかもと言われ歯医者に行くことが決まりました

ですがその病院には歯科は無いため自宅近くの歯医者さんを探すことに・・・
そこそこ歴史があり評判も悪くありません自宅近くの歯科医院が見つかり予約をいれようと電話をします

予約の旨を伝えると・・・「今からお越しになれるなら今日でも大丈夫ですよ?」と聞かれたので早いに越したことは無いと即OKしまして向かうことにしました

迷わず着くと何だろう・・・普通の家みたいだ・・・と少し戸惑いました(看板はあったので間違いは無いと確信してました)

中に入り予約電話した者ですと伝えたところ受付のおばさまに促され問診票に記入して保険証等を見せていざ診察室に入室です

入室しますと人柄の良さそうな落ち着いた感じの50代くらいでしょうか男性のお医者様がおりまして診察台に案内されます 症状の旨と診察を受けてきた経緯等を話しました結果とりあえず歯石を取りましょうという事になりました

自分には何も分かりませんので二つ返事でお願いしました
そして始まりました歯石取り・・・口を開けたままに維持はいいとしてこの超音波みたいな音が結構きますね・・・水と音波的なので取っているのかされるがままに進みます

結果綺麗にはなりましたが痛みは取れず結局検査の後虫歯治療もしましょうと言われまして
3箇所程の治療が始まりました(親知らずもあったのですがあまりに根が深いので抜くのはやめましょうとやんわり諭されました)

治療始めて思ったのは意外に痛くないということでしたね、イメージだと泣き叫ぶくらいだと思っていたので・・・(先入観は怖い)

その後何度も通い一部銀歯になりまして 鋭利に伸びた部分は被せ物で保護 虫食い部分は綺麗に無くなりまして治療は終わりました

感想を要点しますと 平気だと思っても意外と虫歯や病気が多い事 一部を除いては殆ど痛くありません(痛いときは説明されるので安心できますしそれでもそこまで痛くないです)

恐らく痛みより音が怖いです・・・後薬の匂いと麻酔の時の違和感とかが不快感強いです

後日数かかる事これに尽きます どうしても銀歯の型取りやその他必要資材のお取り寄せなども含めると結構長かったです

それでもいい経験になったとは思いました

最後にオチをつけますと結局顎の痛みはどれが原因なのかは神のみぞ知るといったところでしょうか
(勿論痛みはその後消えましたよ)

以上が自分の初めての歯科治療の顛末で御座いました

痛かったけど、やってよかった歯列矯正

私はとても歯並びの悪い小学生でした。八重歯が片方だけ上の方に出ていたり、歯1個分引っ込んでいたり、とにかくガタガタでした。何かの怪物並です(笑) 私自身笑う時なども気にしていましたし、評判の良かった審美歯科に行くと、やはり歯列矯正を勧められました。しかし、エステサロン機器を購入した私は見た目を気にするタイプで、歯列矯正のワイヤーをつけるのが恥ずかしいなと思ってとても迷いました。当時私はクラシックバレエに打ち込んでおり、親に「これから舞台立って行くのに歯並びがガタガタではおかしいよ!」と言われ、嫌々ではありましたが歯列矯正をすることになりました。
そして、矯正を装着したのは小学4年生の時です。つけてみたら想像以上に痛みがあり、最初の1週間位は、給食も食べられず、赤ちゃん用の溶けるビスケットみたいな物を持って行っていました。また、最初は口の中の環境が違うので、とても喋りづらかったです。少し慣れてきて、調子にのってちょっと硬めの物を食べたりすると、ワイヤーが折れてしまい、直しに歯医者さんへ通っていました。あと、私が苦労したのが、口内炎です。もともと出来やすいタイプな上に、器具が当たっている状態ですから、更に出来たり、なかなか治りにくかったです。
でも、そんなことを繰り返すうちに綺麗な歯並びになり、リテーナーという元に戻らないようにするための装置に切り替えました。これは取外しがきいて、最初は食事と歯磨き意外はずっと着けていましたが、月日が経つにつれて、時間や回数を減らしていき、今は1週間に1〜2回寝る時だけ装置して、綺麗な歯並びをキープできています!!
今では歯を見せて笑うことができるので、笑顔に自信が持てました!本当にやってよかったです!!裕福な家庭でもないのに、お金をかけてくれた親に感謝したいと思います。今は虫歯にならないように努めています!!