前歯のブリッジを交換する前に!歯医者さんに聞いておこう!

10年以上前につけてもらった保険のブリッジ数本。前歯です。

もうだいぶ前から、黄色っぽく変色しています。ハッキリ言って、貧乏くさいし目立ちます。

また歯茎も擦り減ってきたため、裏側の金属が舌に触れて痛むようになってきました。

もういい加減に変えないと!

そこで最近になり転居した私は、新居近くの初めての歯科医院に行きました。

担当してくれた若い先生に事情を話し、保険で新しい歯を入れてくださいとお願いしてみたのです。

初めての所で最初に高価なセラミック治療を受けるのは、避けたかったからです。

「わかりました、では口を開けてください・・」

と、いきなり削られちゃった!

数本あるブリッジを分断しゴリゴリと引っ張って取り外したのです。

そういえば、最初に型とか取らなかったけど・・大丈夫なんだろうか?

「へんへー。仮歯ってふへてもらえまふか?」

(先生、仮歯ってつけて・・?)

歯のなくなった声で言ってみました。

「仮歯をつけたいなら、自費治療になります。

保険での治療が希望ですよね?それだと、つきませんよ。」

「えぇ~?!!あひた、ひごとにいくんれすけろ」

(し、仕事・・)

結局大急ぎで間に合わせの仮歯を作って頂きましたが、そこでは仮歯は保険治療の場合はつけないのが一般的らしいです。

当方が前に通っていた歯医者さんは、最初に型を取ってくれていました。

仮歯が出来てから取り外してくれていたので、それが普通に思っていました。

この辺りは歯医者さんによって、方針が異なるようですね。

今はすっかり新しい歯が入りました。

これから前歯の治療をする方、保険や自費治療の選択だけではなく仮歯の有無や希望も事前に伝えた方が良いのかも知れません。

PR|豊中で話題の歯周病の歯科医院|