知覚過敏と思っていたら虫歯でした。

歯医者には歯石や歯の黄ばみを取るなどと定期的に通っていたので、大阪で歯周病治療予防の内容から虫歯はないだろうと安心しすぎていました。突然歯がしみるようになったのですが、冷たいものを食べた時だけだったので知覚過敏だと思いその事で病院には行きませんでした。

 

するとフロスで歯の手入れをしている時に、すきま部分に当たって歯がズキズキと痛み、その回数が増えてきたので気になって歯医者に行きました。歯石をとってもらい、レントゲンでその部分を診てもらうと虫歯が神経まで達してしまってました。

 

神経を抜きたくなかったので、神経を抜かない治療をしてもらいました。その期間は、約二カ月半続きましたがその間もキンキンと治療以外の痛みに耐えるというものでした。最終、ズキズキと薬が効きにくいほどの痛みがでてしまったのでそこから諦めて神経を抜いたのですが、歯医者にかかりっきりになってしまって大変でした。

 

治療費もそこまで高くもなく治療も痛くはありませんでしたが、帰ってから出てくる痛みを耐えているほうが辛かったです。少しでも痛みがあったり、気になるところがあれば定期的に歯医者に行っていたとしても行くべきです。

 

初期に行っていたら一回で終わっていたんだろうなと思うと、時間がないから歯医者に行く時間は作れないという事はないです。ひどくなれば嫌でも何回も時間を作らなければ治らないからです。

歯医者さんで麻酔が効かなかった治療

3年前に治療済みのはずの下前歯に最近鈍い痛みを感じていたのですが、しみるとかズキズキ痛むわけではなくちょっと違和感程度で困らなかったので放っていました。

だんだん料理の味見などで熱いものがしみるようになり、これはやばいと思い歯医者さんに予約しました。

予約は1週間後に取れたのですが、それまでの間に歯茎が腫れてしまいものすごい激痛になったので電話して急きょ診てもらいました。以前治療した歯でしたが、残念ながら虫歯は中で進んでしまっていたようで神経を抜いてもらいました。あと、神経の根元に膿が溜まっていたので歯茎を切開されました。

 

ともかく麻酔の注射も痛いし、切開は頑張って打った麻酔も効いてなくて声が出るほどの激痛でした。でも腫れが引いたら一気に痛みもなくなったのでよかったです。根の消毒に2回通い、根を詰めてもらって歯の方も詰め物して治療終わりでした。

 

笑気麻酔という麻酔方法もあるとあとで知ったので、本当に痛かったので使用してほしかったです。麻酔の注射って痛いですよね。最初に痛いのがすごく苦手だということをしっかりと伝えておくと笑気麻酔なども併用してもらえるかもしれません。歯並びはやはりきれいに保ちたいですからね。