銀歯が取れてからのこと

何年か前に銀歯が取れてしまい、子どもの頃のトラウマで歯医者が嫌いというのもあり、そのままの状態にしていました。銀歯が取れてしまったところは二ヶ所で、食べ物がつまったり、放置したままの状態で何年か過ごしていくうちに痛みも出てきました。歯がグラグラと揺れだし、二ヶ所あるうちの一本は自然に抜けてしまいました。
もう一本のところは、自分自身、歯医者で働き始めてから、抜けてしまったところと同じように痛みが出てきたので、先生に口の中を拝見してもらい抜いてもらいました。
銀歯が取れてしまったら、歯医者が嫌いであっても早めの処置が大事だということを学びました。今は、吹田市の歯医者で働いているので、歯医者嫌いを克服することができ、なんの抵抗もなく治療を受けられるようになりましたが、もし歯医者が嫌いという方がいれば、歯を失わない為にも、早めの治療をオススメします。年齢が若い方でも入れ歯を入れなければならないほどになってしまう方もいるので、勇気を出して、歯医者に通ってみてください。