セラミックはすぐ割れる!?

芸能人の様な真っ白なきれいな歯並びは誰でも憧れますよね。
大阪で歯周病治療で押さえる10のポイントは特に前歯が保険適用の歯だったりすると色がが気になって笑いたくなくなったり。

私もそんな上手く笑えない一人でしたがセラミックの差し歯の存在をして審美歯科で付け替えた時の体験をご紹介します。

見出し セラミックと保険適用の歯の違い―

セラミックに実際付けるまでは神経を取って傷が塞がるのを待って型を取ったり時間と労力を要します。

しかし頑張った甲斐もあって保険適用の歯より断然きれいですし舌触りもツルツルで自然に笑えるようになりました。

見た目は圧倒的にセラミックの方がいいです。10万円程度自分に自信がつくなら安いものだと思いました。

しかし耐久力は保険の歯の方があるように感じます。セラミックは言わば陶器で出来た歯なので割れやすいです。

おせんべいのような固い食べ物を噛むことは割れるのが怖くてできなくなるでしょう。

割れたセラミックの歯のその後―

私はセラミックに付け替えて一年半足らずで割れてしまいました。

一応破片を歯医者に持参しましたがくっつけることは不可能で付け変えるしかありませんでした。

セラミックの歯は取れないようにがっちり密着していて銀色の棒の様なもので叩いて壊しましたがめちゃくちゃ痛かったです。

今は2代目のセラミックが付いてますが割れないようにかなり気をつけてます。

値段と技術―

私が治療を受けた医院はほかの歯医者より少し安かったのですがそれが影響していたのかもしれません。

安物買いの銭失いということわざがありますがまさにその通りですね。

是非セラミックを検討している方は医院を吟味して行く事をオススメします。

虫歯による痛みと勘違いした経験

当方、過去に歯の痛みに悩まされ、歯医者に行こうにも予定が空かずにしばらく我慢していた時期がありました。
子供の頃から虫歯が出来やすい体質だと言う自覚があり、大阪で歯周病治療をするなら最新機器を取り揃えている歯科医へ放置してしまうと黒ずんでしまい当該箇所を削り取らなければならなくなるので、なんとか可能な限り早目に歯医者に行こうと思っておりました。

 

食事後すぐ歯磨きを丁寧に行うなど歯のケアだけ気を付けて、痛みを感じ始めてから一月程経ち、口コミで人気の歯医者に行く機会が訪れたのですが、お医者さんの話によると歯の痛みは虫歯が原因ではなく、親知らずが奥から歯を押し出していることが原因とのことでした。

 

虫歯でないなら今のまま様子見して、あまりに痛くなった場合は対処をしようという結論になり、その日は歯石取りで全体的に歯を掃除するのみで終わりました。結局、親知らずからくる痛みは自然と落ち着いて行き、現在はほぼ気にならない状態です。ただ、何時またその鈍い痛みが来るかで、その際歯医者に行く時間が取れるかで不安に思う気持ちは少しあります。

インプラントの治療は時間が必要

私は上の歯がブリッジになっていて、大阪で歯周病治療なら初診カウンセリングをその治療はニューヨーク滞在中にニューヨークで受けたのです。かなりの金額がかかりましたが、他の方法がなかったので、上の歯が全部ブリッジでつながったような感じでの治療を受けました。

 

そうしたら、日本に帰国してきて、3年くらい経ったら、奥の方の3本の歯のところで折れてしまって、奥歯がない状態になってしまいました。
そして、下の歯に虫歯ができたので吹田の歯医者に行ったら、奥の歯がないので、部分入れ歯を入れた方がいいということで、嫌でしたが、部分入れ歯にしました。

 

そうしたら、部分入れ歯で他のブリッジに力がかかって、歯がグラグラになってしまいました。
そこで、ブリッジが壊れてしまったので、インプラントの治療を受けることにしました。

 

ローンで支払うようにして、上の歯全体をインプラントにするようにして、残っていた歯を抜きました。今は仮歯を使っていますが、仮歯が合わなくて、作り直してもらっています。